腐女子がゲームの感想を書くよ

めっこです(@mekko69)男性声優と狂気とBLG

古書店街の橋姫 感想・レビュー

f:id:mekko69:20170813211501p:plain

18禁ボーイズラブゲーム・ADELTA『古書店街の橋姫』の感想とレビューです。

 

シナリオ:★★★★★
スチル :★★★★☆
音 楽 :★★★★☆
キャラ :★★★★★
作品紹介:

大正十一年六月 梅雨の神保町会津から上京してきた玉森は、帝大合格を目指す浪人生。
しかし底知れない空想癖とだらしない性格が災いし、たった二年で下宿先に見限られてしまう。
とある縁で古書店・梅鉢堂に住み込みで働くことになった玉森は、
同郷の親友らに甘えながらも浪人生という猶予期間を謳歌していた。そんな中、頼りにしていた親友の相次ぐ自殺と怪死。
雨の降る三日間をなぜか繰り返していることに気づいた玉森は、
彼らを掬うため神保町を奔走する。
何が現実で、
何が幻覚なのか。友人の死の謎を追う、ポップオカルトな大正ミステリー

 

 

 

●シナリオ:くろさわ凛子(★★★★★ )
主人公が橋姫の力を使って、友人である水上の自殺を食い止めるタイムリープもの。水上の死(BADED)×10回→水上を救えた(HAPPYED)みたいな流れで攻略も一本道。文中にある「救う」が「掬う」という表現になっているのが面白い。水死した人をあげるから"掬う"。それは正に、玉森が飼っていた金魚を素手で掬うかのような行動なのだろうか。
【良かった点】初めの水上ルート終えるだけで16時間かかった大ボリュームシナリオ。 長い物語の中だが主人公の一人喋りではなく、イマジナリーフレンド晴彦さんと蛙男の掛け合いがあるので話の緩急がついてダレない。マスコットキャラって大事だなあ。また攻略要素がないので余計なことを考えずに小説を読むが如く話に没頭できたのが良かった。時々突然の幻想妄想シーンについていけなくなる時もあるが、それがまたドグラ・マグラっぽく玉森っぽく2人の愛の逃避行の物語っぽくて非常に萌えた。
【悪かった点】敢えて言うなら「良い雰囲気になったらとりあえずセックスしとけ!!!」と野次飛ばすエロゲ脳人間なので水上ルートでの長時間BLシーン一切なしな展開はかなり堪えた。もう水上助けなくていいのでは…と思えるほど何度も何度もループするので途中物凄くテンションが下がってしまった…が!その分エロシーンはすごく萌えました!!

 

●スチル :くろさわ凛子(★★★★☆)
お顔が可愛いし色づかいもスタイリッシュでめちゃんこ好みの絵です。そしてくろさわ凛子さん1人で描かれていることもあって、絵が!!崩れない!!これめっちゃ重要!!そして美麗なスチルがなんと200枚!!こりゃすげぇや!!いくつか流血スチルもありますが血が蛍光ピンク(ダンガンロンパ仕様)なので全然グロくないです。あと『◯◯ノ噺』っていう背景スチルがとても話理解しやすくて助かる。このアイデア素晴らしいですね。

 

●音 楽 :灰色logic 六歌、ナオ(★★★★☆)
昨今の同人はすごいですね!?びっくりするほど音楽が良い。やっぱりゲームって総合芸術だなぁ、と改めて思いました。そりゃ同人ゲームオブザイヤー2016四部門受賞するわ。ED曲の「eyes only」が好き。

 

●キャラ :主人公総受(★★★★★ )
【主人公】玉森(藤桐花 )…総受主人公。某絶望する先生を思い出す外見。中身も少し似ている。本人曰く「本物のクズ」だそうですが、なんだか捻くれた子供のよう。素直じゃないし、自己愛が強くてすぐ自分の価値とか評価を求める。笑い方は「にゃはは」(タマだから猫?) 主人公の特殊能力が同性を惹きつける、というBLでは超定番の設定があるものの橋姫キャラ達は玉森の文士の才能や中身に惹かれているのが良かった。
【攻略対象】水上(神崎智也 )、川瀬(マルクス)、花澤(桜花大夫 )、博士(遠野誠 )、能面の男(美藤秀吉 )

 

==以下各ルート感想ネタバレ有==

 

【好きなキャラ】博士
【攻略順】水上→川瀬→花澤→博士→能面の男

 

f:id:mekko69:20170813213211p:plain
★玉森
玉森くん良いキャラしてるなあ。何回ループしても玉森自身は成長しないというかブレないのが面白かった。友の為ではなく自分の為にループしているから、ループもの定番の精神崩壊や橋姫の災いがほぼ起きてない。じゃあ何のためにループするのか?というと、玉森の中にある友情や愛情に自分自身で気付くためのループって感じがしたのが良かった。そしてどのルートも最後はそれに気付いて、相手のために自分のためのループをやめる、ってのが更に萌える。
CVの藤桐花さん、すっっっごい演技力のある声優さんですね。とあるシーンではグズグズでボロボロで鼻水垂れているのが伝わるほどの泣き演技に驚かされました。そして、何より、喘ぎが!!!抜群に良い!!!AV系でもお産系でも戦闘系でもない初めの聴くタイプの喘ぎ方で、例えるなら限界まで息を止め苦しくて苦しくて我慢できず「ぷはっ」と息を吐いた時のような、苦しみから解き放たれた甘い快楽の声。この声だけでも値段以上の価値あった。更にシーンに合わせて「…」の文章でも「あ、ああっ!?♡」と喘いでくださる神演技。藤桐花さん、もっとBLで活躍してほしい…。金なら払いますので…。

 

f:id:mekko69:20170813213229p:plain

★水上
プレイ前はあんまり興味なかったのにプレイしたら滅茶苦茶びっくりするほど萌えた一番好きなルートシナリオ。エロシーンも一番テンション上がった。何度も繰り返した輪廻転生を自殺で断ち切った決意、そして最期まで貫いた玉森への愛に、泣けるし萌える…。「金平糖で口の中を切って、金平糖の甘みと血の苦味を感じる怪奇物語」という独特の表現が好き。
CVは神崎智也さん。スーパーイケボ。鼻にかかった森川智之ボイスのような声。すごい。ネット声優さんってこんなイケボの方いるんだな~。低く唸るかんじの声が好き。

 

f:id:mekko69:20170813213246p:plain

★川瀬
川瀬は可愛いけどすんごく面倒な人だから玉森にしか扱えないと思うし、玉森なしじゃ生きられない人だと思います。あと川瀬は愛することより愛されることで心の穴が埋まる人だと思うので、玉森くん、一回攻めてあげたらどうかな…。
CVはマルクスさん。やや舌足らず気味の高圧的な声が良い。そして色気が凄い。通常のセリフでさえも罵られているようで最高の気分です。

 

f:id:mekko69:20170813213301p:plain
★花澤
最初は「花澤怖い…軍人の思考怖い…」って感じだったけど、玉森への想いを知ると見方がだいぶ変わる人だった。現代社会でもこういう人よくいるよね。「誰しもオリーブの葉をくわえる必要はない、誰しも自由であるべきだ」というセリフがとても印象的。最優先事項がよく分かっている人で信念のブレなさがかっこいい。玉森の書いた物語を宝物のようにずっと大事にしてずっと夢想している、永遠の少年のような人。めっちゃ良い男やんけ…。(但しセックスは身勝手)
CVは桜花大夫さん。普段無口無感情な花澤が、エロでは感情的に色っぽくなる演技がとても素敵でした。

 

f:id:mekko69:20170813213312p:plain
★博士
可愛い。虐めたい。受け以上に喘ぐ攻め。公式HP相関図に「抱いてください」って書いていたので「受けかー」と思いきやまさかの攻め!!可愛い攻好きには堪らん!!となり、プレイ前の1番のお目当ては博士ルートだった。
CVは遠野誠さん。ぶっちゃけ遠野さんのドM演技聴いて「あっこれ最高だわ」となり購入。博士が「アアーッ♡」と言うたび萌えて笑えて大変でした。

 

f:id:mekko69:20171217221509p:plain
★能面の男
幽閉されていたのに身長がとてつもなくデカイ。デカイけど中身はショタ。可愛い。カオルが白髪なのって戦争トラウマ関連…?カオルルートは衝撃的なネタバレがありましたが、個人的には何が現実で何が妄想でも玉森らしいので、すんなりと納得できました。誰が現実で誰が幻想だろうがどのルートも愛の物語である事実は変わらん!!
CV美藤秀吉さん。カオルたん台詞少なかったのでもっとお声聴きたかった!

 

・・・
とりあえず本編の感想です。副読本(購入済)・公式HPのアフターストーリーはまだ読んでいませんが、現状不満点ほぼないです。素晴らしい総合芸術作品でした。どのキャラも実は心で玉森を深く愛していて、時間跳躍でその想いに触れ、玉森も自身の気持ちに気づき、2人の関係性が変わる、というシンプルな愛の物語でした。ちなみにキャラは博士、物語の終わり方は花澤、ルートシナリオは水上、萌えはカオル、エロは川瀬、と全キャラそれぞれ違う部分に魅力を感じ、萌えることが出来ました。すごい。何度もプレイしたい、ずっと大切にしたい作品です。

 

●総評

良い点:超面白い。コスパ崩壊してる。
悪い点:エロシーンが薄い。
一言:BL抜きにしても面白い。色んな人にプレイしてほしい。

 

Copyright ©adelta All Rights Reserved.